たなさんブログ

たなさんの人生から得られたものを全力でシェア

【解説】葬儀の流れと日程について元葬儀屋さんが解説

棺を運んでいる写真

pixabayより

 

親や親族が亡くなったらどういう流れになるのか。

お葬式ってどういう日程で進んでいくのか。

葬式関係って不明な点が多いですよね、でも、きちんと知っておかないと、いざという時は、慌て居たり、バタバタして冷静な判断ができなくなるし、精神的にも疲弊していることが多いです。

 

最低限どんな流れになるのかくらいは、把握しておきたいですよね、

本日はざっくりとした、葬儀の流れを、簡潔に説明します。

 

 

葬儀の流れ

病院でお亡くなりになってから

病院でお亡くなりなったら、エンゼルケアと呼ばれる処置をします。

 

これは、鼻や肛門とった場所から体液が外に出ないように詰め物をしたり、簡単に体をタオルで吹いたりするものです。これは、病院側がやってくれます。その間に、死亡診断書を作成してくれて、それを渡されますので、亡くなさないようにしましょう。(後から必要になります)

そして、看護師から"お葬儀屋さんの方に連絡"するように言われます。どういうことかというと、このエンゼルケアが終わったら、あとはもう、葬儀屋にお願いすることになるのです。

葬儀屋に依頼する

予め、生前見積もりを取ったり準備をしているお葬儀屋さんがあればそのお葬儀屋さんに連絡をします。何もなければ、病院側が近くの葬儀リストを出してくれると思います。

 

24時間365日電話をして大丈夫です。

そして、その電話で以下のようなことを聞かれます。

 

・故人の名前、電話主の名前、電話番号

・自分がいる病院(あるいは老人ホームなどの施設)

・どこに運んでほしいか(葬儀会館 or 自宅 or お寺)

・どこのお寺の檀家か(宗教や宗派など)

・葬儀社の会員かどうか(見積もりを事前にとっているか等)

 

 

※この辺りの詳細も今後別途ブログで説明します。

 

それから電話を切ったら、お迎えにきてくれます。夜中であっても朝方であっても大丈夫です。病院までの距離や、葬儀社の混雑状況にもよりますが、近場であれば1時間以内くらいだと思っていいでしょう。安置している部屋まできてくれるので、あとは、電話で話した、安置する場所まで移動します。この時車があれば車で一緒に行きますし、なければ、寝台車には1-2名ほど乗れるようになっていることが多いです。

葬儀屋と日程を決める

安置をしたら、まずどういう日程なのかを話して決めます。

基本的に亡くなった当日を含めて3日前後で全て行うことが多いです。

やらなくていけないことは、

 

①お寺さんに連絡をする

②枕経を上げてもらう

③打ち合わせ、見積もりを取る

④納棺

⑤通夜

⑥葬儀

※②-④は多少前後することもあります。状況に合わせて、葬儀屋さんが案内してくれます。

 

 

葬儀屋と打ち合わせ(見積もり)をする

葬儀屋さんと打ち合わせをします。

 

・何人くらいの葬儀になるのか

家族葬にするのか、一般葬にするのか、社葬にするのか

・祭壇はどれにするか

・棺はどれにするか

・骨壺はどれにするか

・お供えもはどれにするか

・料理はどうするか

 

 

などなど

枕経

枕経というものがあります。

これは亡くなってすぐに枕元で唱えるお経のことです。もちろん仏教の場合なので、違う宗教で行う場合はありません。(お寺やお坊さんによっても有無が異なる場合があります。)

 

納棺

映画「おくりびとでもご存知かもしれませんね。

故人を棺へと移動します。その際に、お化粧をして綺麗にして、着物を着せて上げたりします。30-40分程かけて行うことが多いです。この納棺は、葬儀屋さんが手配してくれます。

 

お通夜

お通夜は亡くなったその日や、翌日に行うことがほとんどです。

通夜料理を振舞って故人と最後の夜を過ごします。

 

葬儀当日

そして葬儀当日を迎えます。葬儀当日も司会と簡単な打ち合わせや、葬儀スタッフと打ち合わせがあったりするので、時間には余裕を持ちましょう。葬儀会館は泊まれるようになっている場合もあるので、その辺りも事前にイメージしておくといいでしょう。

 

 

最後に

ということで、ざっくりとした流れを解説しました。

ただ、葬儀の形式やしきたりというのは地域差宗派による違い、お寺による違いもかなりあるので、事前に、葬儀社や、お寺に確認をとっておくことを強くおすすめします。

 

おそらく、もっと掘り下げて説明をしてほしい箇所もあったかと思いますので、

随時更新します。

 

是非読者登録、ブックマークなどお願いします。