たなさんブログ

たなさんの人生から得られたものを全力でシェア

エンジニア転職に学歴は必要なのか?面接で見られるポイントは?

ノートにメモを取っている写真

pixabayより

エンジニア転職に学歴は必要かについて話します。

 

 

 

結論

関係ない

 

結論から言うと関係ないと言うのが私の考えです。

 

ではなぜつまり必ず要すると言う意味必要ないのについてお話しします。

 

理由1:学歴より志望動機や意思

志望動機と意識です。

ありきたりかと思われるかもしれませんが、超大事です。

なぜ、その会社に入りたいのか入って何がしたいのかどのように貢献できるのかを、きちんと説明できるようにしましょう。

正直、エンジニアになりたい方というのは、何と無く憧れているとか、スキルをつけて、市場価値を高めたいとか、将来性があるからとか、プログラミングが好きだからとかという理由で、エンジニアを目指している方がほとんどだと思います。

 

それは全然いいと思うし、ぶっちゃけそれ以外の理由なんてないのでは?とも思います。しかし、面接でこの辺りのことを述べても、採用担当の方には全く響きません。

 

そもそもなぜ、エンジニアを目指すようになったのか。

 

なぜその会社なのか。

 

自分のスキルや意思がその会社にどう貢献できるのか。

 

今後どうなりたいのか。

 

この辺りのストーリーを語れるようにしましょう。

 

理由2:学歴より何ができるか

特にベンチャーなどはそうですが、即戦力を求められます。

学歴よりも、何が作れるのか。どれくらいの仕事をこなしいてくれそうか、どれくらい会社にコミットしてくれるだろうかということを見られます。

理由3:学歴より何がしたいか

何がしたいのか。

これは意外といえば意外なのですが、よく聞かれます。

「何がしたいのか」という質問は、自分がしたいものをさせたもらえるのか?とか、考えてしまいますが、結構大事にしているようです。

 

「何がしたいのか」という思いは、本人の主体性が現れるところでもありますし、もちろん、マッチしているのかを見ることもできるし、求めているポジションには、なるべく、それをやりたいと思っている人から採用したいと思うのは当然ですよね。

 

とはいえ学歴が必要な場合も

とはいえ、学歴が必要なこともあります。大卒以上でないとそもそも、応募資格が与えられないところも多いです。特に大手で、給料がいいところなどはそういうケースが多いです。

 

なので、例えば未経験からエンジニアに転職をして、働きながら通信制の大学に通って、4年間頑張って大卒をとって、キャリアアップ転職という方法もありだと思います。

 

働きながら大学という選択肢

働きながら社会人大学生という選択肢もあります。

特に仕事内容と同じ専門分野であれば、さらにやる気もアップします。

おすすめです!!