たなさんブログ

たなさんの人生から得られたものを全力でシェア

ビットコインを襲う51%攻撃とは?

51%攻撃とは、ブロックチェーンの取引の承認を過半数である51%が同意をしたら、たとえそれが防いであっても書き換えられてしまう。というものです。

 

そもそもブロックチェーンとは非中央集権的で分散型であると説明しました。

分散型でどのようにして、データのやり取りの信ぴょう性を担保しているのかというと、PoW(proof of work)という仕組みで、正しく取引が行われたことを承認する作業です。

 

この承認が冒頭で言ったように過半数の賛成で成り立つので、意図的に悪意を持った過半数が集まれば、実現できてしますわけです。改ざんされれば過去の取引も不正に操作されかねません。

実際に51%攻撃は起こり得るのか。ということに関しては、なんとも言えません。

今の所起きていないのは、やはり、51%を支配するのにかかるコストが、実際に得られる利益ににあわないからでしょう。

 

しかし、理論上はできてしまうということは、いつ何が起きるかわかりません。

ひろゆき氏もこの問題に警鐘を鳴らしています。

 

gigazine.net