たなさんブログ

たなさんの人生から得られたものを全力でシェア

【図解】非代替性と代替性の違いを解説

こんにちはNFTというのは、非代替性トークンのことですね。

しかしこの非代替性東野は一体どういうことなのかについて説明します。

 

まず結論、下の図を見てください。

マトリックス図

 

この図は代替性か非代替性か、そして、それがデジタルなのかリアルなのかを表しています。これをみると、NFTは非代替性でデジタルであることがわかります。

 

ビットコインはどうでしょうか。

デジタルでありますが、代替性があるということがわかりますね。

なぜNFTは非代替性でビットコインが代替性があるのかというと、ビットコイン(そのほか仮想通貨全般そうですが)は、私の1BTCもあなたの1BTCも同じですよね。

同じなので、別にどっちのビットコインでもいいわけです。当たり前ですね。これが代替性があるということです。一方NFTというのは、それが唯一であるからこそ価値があり、全て別物になります。つまり代替することができないので、非代替性ということになります。

 

代替性とか非代替性というのは、何もデジタルな話に限ったことではありません。

リアルなものにも言えることです。

現金というのは、先の例でいうところのビットコインと同じように、私の1万円もあなたの1万円も同じです。同じ価値有しているので、代替性がありますね。

では、アート作品はというと、これはやはり、NFT同様、一点物なので、代替性はないですね。アーティストの作品が高額で取引されているのも、それが、一点ものであるからです。

 

これが代替性と非代替性です。

このマトリックス図を頭に入れていただければ、NFTやビットコインがどういういちづけなのかがわかると思います。