たなさんブログ

たなさんの人生から得られたものを全力でシェア

結局MetaMask(メタマスク)とは一体何なのかがわかる話

metamask画像

今日はMetaMask(メタマスク)について書きます。

国産NFTのCNPのマーケティングを担当しているイケハヤさんも、

Voicyの中で「メタマスクは人類には早すぎる」、「メタマスク使えている奴は異常」

といった旨の発言をしています。それくらい、メタマスクというのは、理解しつらい、とっつきにくいものであり、従来になかった概念なのです。

 

なので、今日はメタマスクは一体何をしてくれているのかについて、その本質がわかるように書きます。メタマスクの使い方を説明している記事はたくさんあると思いますが、じゃあ一体メタマスクとはなんなのかについて書かれている記事はあまりみないので、今日はその当たりが初心者の方でもわかるように書いてみたいと思います。

 

初心者の方のみならず、ある程度慣れている方、すでにNFTの売買をしたり、仮想通貨の送金もしているような中級者の方も実はちゃんと理解していなこともあるとおもうので、そういった方も最後まで読んでいただければと思います。

メタマスクはつまり、「ノード」である」

ブロックチェーンの画像

さて、メタマスクとは一体何か?

それはずばり、ノードです。

 

「ノード??」

「ちょっとまって、いきなり変な汗でてきた」

 

という方もいらっしゃると思うので、説明します。

 

ノードというのは、網状構造の構成要素です。

 

皆さんが売買している仮想通貨やNFTはブロックチェーンという網状構造のネットワーク上でやりとりがされています。そのブロックチェーンを構成している、一つの構成要素ということです。なので、ブロックチェーンに参加する(接続)する為に必要なツールであるということです。なので、このブロックチェーンのノードであるメタマスクをインストールせずに、売買することはできません。OpenSeaなどのマーケットで出品されているNFTを傍観することはできても、売買はできないです。なぜならお持ちのパソコンをインターネットにつなげているだけでは、ブロックチェーンに接続できないからです。

 

ウォレットというよりは「キーケース」

キーケース

さて、メタマスクはウォレットと呼ばれています。

※ウォレットの一つにメタマスクがある

ウォレットというと、あたかもそのウォレットに、NFTや仮想通貨の実体が存在しいるような気がしますよね?でも、実は違います。実態は入っていません。

もちろん、メタマスクの画面をみたら、そのウォレットにはいっている通貨の残高や履歴がみれます。しかし、(何度も言いますが)実体は入っていません。

 

じゃあこのウォレットには何が入っているのか、そして、実体が入ってないのに、どうやって残高をみることができるのでしょうか?

 

結論からいうと、メタマスクには、秘密鍵が入っています。

そして、その秘密鍵をつかって、ブロックチェーン上のデータを参照することで、自分の通貨の残高を見たり、売買履歴を参照しているのです。

 

なので、ウォレットとは言っているものの、キーケースといった方が実際の動作には、近いです。

 

なぜメタマスクでログインするのか?(できるのか?)

openseaのスクショ

さて、皆さんOpeSeaを利用するときに、会員登録やアカウントの登録をしましたか?

多分していないと思います。これからOpenSeaを使うという方もいると思うのですが、会員登録的なことはしません。その代わり、ウォレットの接続を求められると思います。普通、なにかサイトやプラットフォームを使う時って、会員登録とかアカウント作成をしますよね。

 

これが、今までとかなり違うところです。

イケハヤさんも言っていた、今までにない概念なのです。

 

このアカウント登録をせずに、ウォレットを接続してそのサイトを使うのはなぜでしょうか。何が起きているのでしょうか。

答えはブロックチェーンにあります。

ブロックチェーンというのは、分散型であり中央管理者がいない。というのは既に勉強済かと思います。

 

このOpenSeaというプラットフォームは、当然、開発者がいますし、これを保守運用している組織も存在します。しかし、このOpenSeaというプラットフォームはブロックチェーンを使って、NFTの売買をしているので、彼らは、別に利用者の決済情報だの、名前だの、住所だの知らなくていいのです。

 

ブロックチェーンではない物品の売買、例えばメルカリでも楽天でもいいですが、利用者は、商品を買ったり売ったりするときに、管理者であり仲介者であるメルカリや楽天に、安全な取引ができるように手数料を払っています。メルカリや楽天は、利用者の個人情報を預かって、手数料ももらって、責任をもって取引ができるように運営しています。

 

しかしブロックチェーン上でのやりとりは、この仲介者(管理者)がやっていたことをすべて、自動でプログラムが行ってくれています。なので、管理者が不在、厳密には決済の管理者がいないのです。繰り返しになりますが、OpenSeaの運営は、我々の決済には関与しておらず、ゆえに、アカウント登録的なものが不要なのです。

 

その代わり、(冒頭でも説明しましがた)ブロックチェーンを利用するために、ウォレットを接続してくださいね。ってことになるのです。

 

どうですか?概念、発想が新しいですよね。

こういうのが、Web3的だなーって思いますね。

 

まとめ

まとめると、MetaMaskというのは、ブロックチェーンを構成してるノード(要素)です。そして、そのブロックチェーンを利用する為に必須のツールです。また、ウォレットには実体がはいっているわけではなく、秘密鍵が格納されています。その秘密鍵をつかって、ブロックチェーン上のデータを参照しにいっており、それによって、自分の通貨の残高や履歴が見れています。また、OpenSeaなどのマーケットでは、アカウント登録的なものがなく、ウォレットの接続をすることで利用ができます。その理由は、OpenSeaではブロックチェーンを利用してNFTを売買しているので、運営側は、決済に関与しておらず、故に利用者の情報は必要ないからです。

 

いかがでしたか?なるべくわかりやすく説明しました。

もし、ちょっと難しく感じた方は、ブロックチェーンとはそもそも何か?をおさらいしてみるといいかもしれません。いろいろ勉強してまたこの記事を読んでいただければ、伝わるかもしれません。

 

では、知識アップして、web3を盛り上げていきましょう!!