たなさんブログ

たなさんの人生から得られたものを全力でシェア

イーサリアム のガス代を専門用語を使わずに解説【小学生でもわかる計算】

ガスのイメージ写真

こんにちは。今日のgas priceは、30gweiですね。

 

と言われて、高いのか安いのか、gweiってなんだ。結局ガス代はいくらになるのか。

 

わからないって方も多いと思いますので、ガス代の計算時方法や考え方を専門用語を使わずに、どこよりもわかりやすく解説します!!

 

ちなみにgas priceはこちらのサイトで見れます。

https://ethgasstation.info/

 

おそらく見てもよくわからないと思いますが、このブログを見た後には意味がわかるようになります。では早速!!

 

 

ガス代とは

 

ガス代とは、マイナーつまり、イーサリアム の処理を行うために、計算をしてくれている人たちに報酬として支払われるイーサリアムです。”人たち”と行っても実際のイメージは、データセンターみたく、大量のコンピュータが積まれていて、自動で計算が行われています。

 

そして、ガス代=gas × gas price で求めることができます。

ETHに変換するには、0.000000001を掛けてあげれば求まります。

 

なんのことやらと思うので次から詳しく説明します。

 

言葉の意味を整理

 

ガス代をより詳しく理解するために、言葉の意味を抑えておく必要があります。

gasとgas priceとtransaction fee(ガス代)です。先に行っておくと、我々が「ガス代、ガス代」と行っているのは、正確にはtransaction feeです。そしてそのtransaction feeとは別概念として、gasgas priceってのがあります。少しややこしいですが、順に解説します。

 

gas

gas(ガス)とは、イーサリアム上のトランザクションに伴う処理の”です。

AさんからBさんに、ETHやNFTを送る時には、すべからく処理が必要ですよね。

その処理の量です。この処理の量は、当然、やりとりするデータの大きさによって異なります。

 

ETHの送金ならば、2500gasです。NFTなら10万gasくらいです。

このgasというのはイーサリアムの世界で使用される独自の単位なので、gasが何MBなのかとか、そこまできにする必要はありません。

 

gas price

gas priceとは”ガス代”のことではありません。

1gasを送るのにいくらマイナーに支払うのかというその額です。

よく使われる単位は、皆さんもおなじみかもしれませんが、gweiです。

1gweiは、0.000000001ETHです。

冒頭につぶやきましたが、今日のgas priceは30gweiです。なので、1gasあたりに、30gwei支払う必要があるってことですね。日によって、変動するのは、その時々のイーサリアム上のトランザクションの量も変化する為です。マイナーは当然、お金儲けでやっているので、高い報酬が得られる処理から計算したくなります。また、自分でgas priceを設定して、高めに設定すると処理が早く取りやすくなるのもその為です。

 

trasaction fee(ガス代)

 さて、ようやく、「ガス代」という言葉に辿り着きました。正確にはtransaction feeと言います。open seaやmetamaskを使っていると、transaction feeという言葉を目にすると思うので、これが「ガス代」だと思ってください。もう既にお察しかもしれませんが、ガス代というのが、実際に、支払うETHの額です。

計算式は、

transaction fee = gas × gas price

です。

 

実際に計算してみよう

 

では、実際に模擬的に計算をして、実際に支払う額をETHと円で求めてみましょう。

 

仮に以下のような状況だとします。

 

・gas priceは36gwei

・購入するNFTの処理の量は12万gas

・現在1ETHは、220,000円

 

では実際に支払うETHから。

1gasあたり、36gweiかかり、今、購入しようとしているNFTは12万gasなので、

36 × 120000 = 4,320,000gwei

1gweiは、0.000000001ETHなので、

4,320,000gwei × 0.000000001 = 0.00432 

 

よって、支払う額は、0.00432ETH

 

日本円に換算すると、

1ETHが220,000円なので

220,000 × 0.00432 = 950.4

 

よって、支払う額を日本円にすると、950.4円

 

ということになります。

なんとなく、見慣れた値になりましたね。

 

また、

ガス代は処理後に戻ってくることがあります。これは、gas、つまり、トランザクションに伴う処理の量は、実際に処理を行ってみないと、正確にはわからないもので、処理前は暫定的な値として扱われており、処理後に、差分が戻ってくるからです。

 

ということで、ガス代について解説しました!!

 

皆さんのweb3ライフを応援してます!!では!!

 

・参考にしたサイト

【ガスってなに?】ブロックチェーンのガスの仕組みを徹底的に聞いちゃいました! - YouTube

https://ethgasstation.info/